下肢静脈瘤は冬の間に治療を!

下肢静脈瘤は、生命に関わる病気ではありませんので診断がついても急がなければならないとうわけでは必ずしもありませんが、治療のタイミングは、気になったときがベストです。
下肢静脈瘤は自然に治る病気ではありませんので、治療を遅らせれば、それだけ症状に悩まされる期間が長引くことになります。特に、皮膚に色素沈着がある、潰瘍ができている場合は、できるだけ急いで治療してください。

しかし、ボコボコはあるが症状がないときは治療の時期を悩まれることもあるかもしれません。そこで、これまでの治療した患者さんの意見をもとにおすすめするのは冬の季節です。

※下肢静脈瘤は季節性の病気ではありません。症状の度合いは季節によるものだけでなく、生活スタイルや体質などで個人差があります。

 
メリット① 冬は弾性ストッキングの着が苦にならない

弾性ストッキングによる圧迫療法は、焼灼した血管をしっかり閉塞させる、あるいは術後の痛みや出血を緩和します。そのため、当院では、術後、約1ヶ月弾性ストッキングを履いていただきます。治療の効果を上げるために、非常に大事です。とはいえ、暑い時期に弾性ストッキンを履き続けることは大変です。
当院で治療された患者さんからもよくお聞きするのは、「夏は弾性ストッキングが暑くて大変だった」、逆に「寒い時期でよかった」という意見を多々伺います。
冬季であれば、術後の治療効果を上げるとともに、血行が促進され下半身が温まり、無理なく着用し続けることが可能です。

 
メリット② 冬は足をさらすことが少ない

足の静脈瘤が気になるのは、薄着になって足を直に出すことが多くなる春から夏の季節です。
冬の時期は、女性でもストッキングを履いたりパンツを履いたりすることも多いので、意外に自分では気にならないものです。当院で行っている静脈瘤治療は低侵襲で、傷も目立ちませんが、やはり術後しばらくは外見が改善するのに時間を要します。
その意味でも、足を隠して生活する冬の間に治療をすれば、春夏にはきれいな足で迎えることができます。

 
以上のような理由から、“下肢静脈瘤は冬の間に治療すること”をお勧めします。
症状が緩和され、足の露出も少なくなる冬は、下肢静脈瘤への関心が薄れる季節です。そんな冬だからこそ、上記のメリットを活かして治療を行い、暖かい時期に備えることが大切です。
次の春を軽やかな一歩で踏み出すために、早めの受診を検討してみてください。

※下肢静脈瘤は季節性の病気ではありません。症状の度合いは季節によるものだけでなく、生活スタイルや体質などで個人差があります。